スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
授業紹介「漢方薬草学入門」
明けましておめでとうございます
お正月はいかがお過ごしでしたか?
私は、おせち料理を食べたり、大好きなお餅を食べたり、親戚と過ごしたり、お出かけしたり、気付けばお休みはあっという間に過ぎてしまいました
皆さま今年も宜しくお願い申し上げます


それでは新年最初のご紹介は、「漢方薬草学入門」の授業です。
漢方薬は鍼灸とともに東洋医学における重要な治療法のひとつ。

今回は、舌模型の授業と、煎じ茶の授業にお邪魔してきました。

実際に授業を受けている学生のOさんからいただいたコメントをご紹介します。

漢方①
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これまで教科書などで舌の絵や写真を見ることはありましたが、今回初めて模型という3次元のものを見ました。
模型で見るとなかなかのリアリティ・・・
中には、なかなかお目にかかれないような重症な症例の模型も。
そのあとは実勢にクラス全員の舌を先生が診て回り、「八綱弁証」という東洋医学の診方で診断をしてもらいました
模型、実物との違いも確認でき、大変勉強になりました。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
漢方③漢方②


 続いて・・・
漢方④
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
グループに分かれて、それぞれ違う効能のお茶を煎じました
私は、眼精疲労、風邪予防、痩せやすくするなど、数種類のお茶を煎じました。
以前の授業では甘いものや辛いものがありましたが、今回は比較的どれも酸味のあるお茶でした。

漢方⑤漢方⑥
漢方⑦漢方⑧
 苦かったのかな(笑)

毎回違う種類のお茶を煎じるので、私も舌も楽しませてもらってます。
授業でお茶を飲んだ日は、みんな体調が良いような… 国家試験を控えた私たちにはぴったり!

漢方⑨漢方⑩

また、お茶に含まれている生薬は漢方薬に実際使われている成分であり、漢方薬ははりと同じように「証」を立てて治療方針を決めていくので、国家試験勉強にもなり、楽しいだけでなく大変意義深い授業です。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Oさん、ありがとうございました。
私もみんなが煎じてくれたお茶を飲んだことがありますが、もう、もう・・・なんと言ったらいいのか
ほのかに甘みを感じる飲みやすいお茶もあれば、←こんな顔になってしまうお茶もありました(笑)
でもそれが楽しかったりすんですよね。

最近は医療機関でも漢方を処方されることが増えました。
普段の生活で役立つ知識もたくさんある授業なので、勉強していて楽しいですよ
まだ漢方のお茶を飲んだことがない方はぜひ一度体験してみては?

それではまた~
スポンサーサイト
[2015/01/08 10:00] | 授業・各専攻 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。