スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
授業紹介「臨床実習」
こんにちは
やっと1月の終わり。なんだかお正月が遠い昔のことのように感じます・・・
毎年思うんですけど、1月って長く感じませんか?
やっと2月! おいしそうなチョコレートがたくさん揃う時期になりました
バレンタインというよりは、もはやチョコレートの祭典ですねチョコ大好き

さて今回は再び授業紹介をお送りします。
科目は「臨床実習」。そして久々のゲスト、あのイケメン先生と一緒に授業をご紹介しましょう!


はぁーーーい! 中川です

では、早速よろしくお願いします。
臨床実習ってこては、臨床…つまり治療の現場で授業をするってことですよね??

そうなんです! 3年生になるとトライデント附属鍼灸院で実習をおこないます。
附属鍼灸院外観附属鍼灸院内観


ってことは、もしかして…

そうなんです! 実際に外来の患者様を治療するんですよー
今は、水曜日と金曜日におこなっています。


ひゃぁ~緊張しますね 授業として学生が治療するってことですもんね。

そうなんです! 鍼灸師になってから初めて患者様に治療するとなると、どのように進めていけばいいのか不安になります。そんなことがないように、学生のうちから経験を積み、鍼灸師となったときに好スタートが切れるように準備しておくのです!

おぉ~! すばらしいです
私も治療院の予約の電話を受けたりしてますが、ほんとに一般の患者様なんですよね。ドキドキ・・・

そうなんです! でも大丈夫ですよ。もちろん先生が必ず付いて見守ってくれています。アドバイスや技術など様々なことを教えてくれるので、学生は安心して治療することができます。

そうか、先生がいるんでした! 助手の先生もいますしね!
安心して治療をおこなえる環境なんですね!

そうなんです! 臨床実習はこれまでの授業のと違い、実習室ではなく、本物の治療院でおこないます。ですから、学ぶことは技術だけではありません。治療以外に事務作業なども実習のひとつです。カウンターに出てお会計も含めた患者様応対をします。

患者様とのコミュニケーションやお会計、カルテの作成や患者着の用意など、実際の現場では技術以外にも大事なことがたくさんありますもんね!

そうなんです! 学生のうちに様々な臨床経験を積めるのは鍼灸師になってから大きな糧となります。
ではなぜトライデントでたくさんの臨床経験を積むことができるのか、もうみなさんお分かりですね?
それは・・・

通常の約3倍の臨床実習時間 だからです!


ひょぉ~ すっっっっっごい

卒業生がこの前言ってました。
「トライデンは臨床実習の時間が多かったので、失敗も学生のうちに経験したし、卒業後にも自分のスタイルがなんとなくできているから心強い」って!
そうか、3倍も多く臨床実習しているから、自信にもつながるんですね、先生!

そうなんです! トライデントの臨床実習の良さ、伝わったかな?

中川先生、そうなんです! 伝わりましたー!
ありがとうございました

みなさま、また来週~

スポンサーサイト
[2015/01/29 10:00] | 授業・各専攻 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。