FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
解剖見学実習のご報告
こんにちは
あっという間に6月ですね

今回は5月31日(日)に行われた
解剖見学実習についてご報告します



今年も岐阜大学医学部にご協力いただきました。
いつも貴重な機会をありがとうございます
0606①



天候の心配もありましたが、
皆さんの日頃の行いのおかげか、爽やかな青空が広がりました
0606②




2年生を中心に、約50名の学生が参加。
昨年度参加をした3年生も多く参加することからも、この実習の貴重さが伺えます
0606③




実習衣に着替え、実習室へ移動し、実習スタート!!


目の前には、13名のご献体。
緊張しながらも、感謝の意を込めて…黙とう。
そして、いよいよ見学が始まります


学生さんの中には、先生が解剖されたり説明されたりするのを見学するという
イメージを抱いていた方も居たようですが、
自身の手で 骨、筋、臓器、血管、神経等を確認していきます


初めて参加する学生さんは、最初はどこまで触って良いのか戸惑っている様子

それでも、グループで協力し合い、
時には岐阜大学の先生や引率の先生方に聞きながら
自分の確認したいポイントをしっかり学んでいました
最後まで集中し、真剣に向き合い、有意義な時間となりました


                      



学生さんの感想は・・・
まずはご献体にご協力いただいた方、ご遺族の方、
岐阜大学の方への感謝の気持ちが真っ先にありました。


そして、実際のご献体と、教科書や模型で学んだ人体との差
男女年齢生前の生活スタイル

人によって、こんなにも大きさや形が異なるのだと、衝撃を受けたようです。


多くの学生さんが、
また解剖見学実習に参加したい!
この経験を踏まえて、実習や講義授業の復習に取り組みたい!
実際の施術をもっと大切にしたい!!

と、意欲も高まっていました



学生の皆さんには、この経験を大切に、益々素敵な医療人に育ってほしいと
教員・スタッフ一同も応援しています
皆さん、お疲れ様でした


スポンサーサイト
[2015/06/06 10:00] | イベント | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。